脱毛すると脇汗をかきやすくなるって本当!?ニオイや黒ずみは大丈夫?

「脇」は脱毛の中で最も人気の高い部位ですが、「脇脱毛をすると脇汗をかきやすくなる」「ニオイがきつくなる」という噂を耳にしたことがある方も多いと思いますので、脇脱毛と汗の関係性について解説していきます。

 

脱毛すると脇汗が多くなるの?
  • 多くは気にしすぎが原因

脱毛した後に汗をかきやすくなるということはまずありません。
「脱毛」という特別なことを始めたためにそれまでよりも脇に意識が向くようになり、「汗の量が増えた」と感じてしまう、つまりは「気のせい」ということがほとんどです。
脇汗はストレスによっても分泌されますので、脇汗を気にしすぎると余計に汗をかいてしまいます。
汗が出るのは自然現象ですので、気にしすぎずにケアすることが大切です。

 

  • 汗の引っ掛かりがなくなり汗を感じやすくなる

脇毛が生えていると汗が毛に付着して流れにくくなりますが、脱毛してその引っ掛かりがなくなると汗が肌や衣類に直接触れるため汗を感じやすくなることもあります。

 

  • 脱毛後多汗症

ごくまれに脱毛後に「脱毛後多汗症」という病気を発症することがあります。
汗腺が脱毛によって刺激を受けることで汗が出やすい状態になりますが、症状は一時的なものですので、しばらくすると自然に治ることがほとんどです。

 

脇汗が気になるときの対処法
インナー・脇汗パッド

脇部分にパッドがついているインナーや、脇汗パッドを利用することで汗染みを予防することができます。
脇汗パッドは目立ちにくい色で消臭効果もあり、持ち運びにも便利なためいつもカバンに入れておくと脇汗が気になるときにサッとつけられて安心です。

 

制汗剤

制汗剤を使うことで、汗を抑えたり気になる汗のにおいを軽減することができます。
一般的なスプレータイプの他にも、固形や液体タイプの汗を抑えることに特化した商品もあります。

 

ボトックス注射

ボトックス注射をすると発汗を促す神経物質をブロックして脇汗を抑えることができます。
ボトックス注射は美容外科などで受けることができ、6ヵ月ほど効果が持続します。
保険適用外で費用は自費負担になりますので、どうしても脇汗が気になるという場合はボトックス注射を検討してみましょう。

 

脱毛するとワキガになる!?

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」2種類があります。
「エクリン腺」から出る汗は、99%が水分、残りの1%は塩分のため、ニオイはほとんどありません。
一方、「アポクリン腺」から出る汗には、アンモニア・脂肪・鉄分などが含まれ、これらを皮膚にいる常在菌が分解すると、独特のツンとしたニオイを発します。

 

脱毛でワキガになることはない

脱毛をしたからと言ってニオイの原因であるアポクリン腺が増えることはありませんので、脱毛が原因でワキガになるということはありません。
脇脱毛をしたことで脇汗を意識するようになり、ニオイを強く感じてしまうことがありますが、そういった場合は制汗剤などを使ってケアしましょう。

 

脱毛でワキガが軽減することも

フラッシュ・レーザー脱毛によって、強力な光を照射することで毛根付近のアポクリン腺を破壊することができます。
脱毛で完全にワキガを治すことはできませんが、脱毛をすることでワキガのニオイを軽減する効果が期待できます。

 

気になる脇の黒ずみ
脱毛は黒ずみ改善の一歩

カミソリや毛抜きを使った自己処理は肌への負担が非常に大きく、自己処理を繰り返していると肌の防衛本能によって色素沈着が起こり肌が黒ずんでしまいます。
脱毛して自己処理を減らすことで肌への負担が減り、黒ずみを改善することができます。

 

ヤケドによる黒ずみ悪化の可能性がある

フラッシュ・レーザー脱毛ともに施術時は高温になるため、ヤケドや肌荒れが起きてしまうリスクがあります。
ヤケドや肌荒れは色素沈着の原因になりますので、施術後に肌に違和感がある場合は、通っているクリニックや皮膚科で相談しましょう。

 

不安をなくすことが大事!

脇汗はストレスや不安によって増えてしまいます。
脱毛を始める前に少しでも心配事がある場合は、恥ずかしがらずにスタッフに質問しておきましょう。
施術後しばらくは汗の量が増えることもありますが、一時的なものですので気にしすぎずに過ごしましょう。

 

TOPへ